合気道 秋田県立武道館道場

稽古風景



合気道は、開祖 植芝盛平翁(1883-1969)が日本伝統の武術の奥義を究め、さらに厳しい精神修養を経て創始した現代武道です。

合気道は、相手といたずらに力で争わず、入身と転換の体捌きから生まれる技によって互いに切磋琢磨し合い、稽古を積み重ね心身の鍛練を図ることを目的としています。

合気道は捌きの武道であり、相手を入身・転換に捌き、死角に踏み込み制します。

なお、合気道の「気」とは、人間活力の元になるエネルギーである自分の呼吸を整え、その「気」を宇宙のエネルギーと一体化させることであります。

私たちは、合気道の真の道を求めて、秋田県立武道館で稽古をしています。

□ トピックス

□ 連絡先

 当道場への問合せ・入会希望・その他のご連絡は、下記へお願いいたします。

外部リンク

このページのトップへ